舞子の最前席に唯ひとつ、残されしその存在感。